アート イノベーション賞

Dress for Venus

イベント概要

世界中のあらゆるビーナス達は、裸である。特にウィリアム・ブグローの描いたヴィーナスは、100年もの間、裸で立ち続けていた。我々は、裸のヴィーナスにドレスを着せることで、その美しさをさらに際立たせることができないかと考えた。これは、古典芸術にテクノロジーを掛け合わせることでアートの可能性を広げる、新しい挑戦であった。ヴィーナスのための「オートクチュール」を作るためには、平面上では限界があったため、彼女の体を3D化し、そこに直接服を「描く」のが最善の方法であった。VRドローイングで立体的にドレスをデザイン。ヴィーナスのマネキンの上にAR投影を行い、ドレスを着せた。さらに、ブグローの画風を機械学習でフィルタ化し、ドレスを絵画の世界観に合わせ仕立て直した。この作品を、日本最大級の国際アートの見本市である「アートフェア東京」で発表したことで、数多くのメディアが取り上げた。