DINING OUT ARITA& with LEXUS

イベント概要

有田焼の新たな需要の喚起と市場の拡大を図る取り組みとして、「器と料理の究極のマリアージュ」をテーマに昨年有田にて実施された「DINING OUT ARITA」。その第二弾となる「DINING OUT ARITA&」は有田焼創業400年という歴史の振り返りと敬意を表した「Re・spect(リ・スペクト)」をテーマに有田焼の起源の土地、唐津にて開催。すべてのメニューにあわせてオリジナルの器を製作。有田焼のルーツを辿る唐津・伊万里・有田という産地の垣根を超えて、作り手・窯元の技が結集した。その器に新たなエポックを重ねたのは、パリから新進気鋭のシェフ渥美創太氏。佐賀県の豊かな食材と郷土料理を今の時代にあわせて新たな料理として表現した。1592年に築城された、日本屈指の名城・名護屋城跡を舞台に、ゲスト(116名、のべ3日間)・主催陣がともにDINING OUT史上最高と絶賛した奇跡の3日間。