ジュニア・サミット桑名開催の軌跡

イベント概要

平成28年4月22日から28日まで、桑名市のナガシマリゾートを主会場として、「2016年ジュニア・サミットin三重」が開催された。この事業にあたって、桑名市では、多くの市民参加や関係団体、企業の賛同により全市的な受入け体制とするためジュニア・サミット桑名市民会議を組織した。
市民会議においては、46のイベントや講演会等を実施し、ジュニア・サミット開催期間中の4月23日も「KUWANA NIGHT」を開催し、合計約10,400人の方々が参加し、オール桑名でのおもてなしと機運醸成に努めた。
46ある中で4つのイベントを次に紹介する。
①「ジュニア・サミット開催50日前イベント」として、3月5日には、「くわなし おもてなし大作戦」と題し清掃活動と花いっぱい運動、市内の大型商業施設における販売促進PR活動を2か所で、ジュニア・サミットでの討議テーマでの講演会を実施した。
②「ジュニア・サミット開催30日前イベント」では、東京の三重テラスにて、主会場である長島観光開発(株)様と市民会議が共同でPR活動を、県立くわな特別支援学校高等部の生徒によるサミット参加国のイメージをかたどったロゴマーク等のパンの販売を、おもてなし研修として商業事業所向けに接客、接遇研修を実施した。
③「桑名エキシビション」として桑名市のPRのため、観光PRや討議のテーマである環境をテーマに、企業の取組などのほか、高校生による国際交流事業やロボット競技大会を実施した。
④「桑名NIGHT」として、ユネスコ無形文化遺産にも登録された桑名の伝統文化の代表である石取祭の祭車を目の前で見学し、その迫力を感じ、桑名の“本物の伝統文化”を体験した。