イルミネーションイベント『青の洞窟 SHIBUYA」

イベント概要

中目黒で好評を博したイルミネーション「青の洞窟」を、2016年渋谷へと場所を移してリニューアル。企業・地域・行政が共創する新しい形のイベントで、東京に新たな冬の風物詩を誕生させた。
■独創性:見るだけでなく誰もが写真に撮りたくなるソーシャル時代の新しいイルミネーション。木々に取り付けた青色の光を、地面に敷き詰めたミラーマットに反射させ、水面を表現。「青の洞窟」の中を散策するという非日常を体験させ、“最高の一枚”が撮影できる環境を作りだした。
■時代・地域のニーズ:2020年にむけて「東京」の新たな魅力を生み出し、世界へと発信していくことを目指した。企業・地域・行政を巻き込み一つの運営組織を形成。全てのステークホルダーにWINWINをもたらす共創イベントに。(実際に様々な地方自治体等から問合せあり)
モデル組成に2年。志が結実したイベント。結果、240万人以上の集客、17億円以上の露出に繋がった。